ニキビ跡 治療

ビタミンC誘導体(イオン導入)

人の肌にはバリア機能があり、有害物質から肌を守ったり、肌の水分が蒸発するのを防ぐ役割があります。

 

一方、せっせとスキンケアをしても美容成分が弾かれて肌の内部まで浸透しない・・という一面もあります。
そんな時に活躍するのがイオン導入器。

 

イオン導入とは、微量の電流を通して一時的にそのバリアを壊し、美容成分を肌の中まで届くようにしたもの。
イオン導入に使われる美容成分には、ビタミンC誘導体やプラセンタなどがあります。

 

ニキビ跡に効くのはビタミンC誘導体で、ビタミンC誘導体にはニキビができた後のシミを薄くする効果があります。
また肌を再生する作用もあり、コラーゲンの生成を促がしたり、皮脂分泌や炎症を抑える効果もあります。

 

悪化したニキビはコラーゲンを破壊してクレーター肌の原因になりますが、肌の奥まで届くイオン導入でビタミンC誘導体を送ってあげると、有効に働くというわけなんです。
イオン導入は美容皮膚科で行われており、症状にもよりますが1回だけではなく、月1〜4回のペースで10回程度通うとキレイになります。
お値段も他の施術に比べると比較的お手頃。

 

効果のわからない化粧品をせっせと使い続けるより、イオン導入を数回受けたほうがずっとコスパもいいですよ。
ちなみに家庭イオン導入器も同じ発想ですが、出力が医療用とでは全く異なるため、確かな効果を求めるならクリニックがおススメ。

 

また、皮膚科でしてもらうと肌や症状によって対応してもらえるので安心です。

 

聖心美容皮膚科
皮膚治療