ニキビ跡 治療

レーザー治療

  • ニキビが原因でできた、赤いシミや色素沈着。
  • クレーターのようなデコボコや、開いてしまった毛穴。

ニキビ跡専用化粧品でせっせとお手入れをしても、セルフケアでニキビ跡を治すのには限界があります。
本気で治したいなら、美容皮膚科のレーザー治療を検討してみては。

 

消したいシミやタトゥーに使われているレーザー治療は、ニキビ跡にももちろん効くんです。

 

レーザー治療には、色に反応する「Vビームレーザー(色素レーザー)」と、肌の水分に反応する「炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)」などがあり、それぞれ反応する色や、到達する深さが異なります。

 

ニキビ跡の赤みは、Vビームレーザーが使われ、赤い組織に反応し色素を破壊します。
色素はターンオーバーと共に表皮まで浮き上がり、1〜2週間ほどでかさぶたとして剥がれ落ちます。

 

クレーターのようなニキビ跡の場合は、レーザーが水分に含まれた水分と周囲の皮膚組織を瞬時に蒸発させます。
数日から1週間で、かさぶたと一緒に剥がれ落ちます。

 

いずれも痛みはほとんどなく、出血もありません。
施術も短時間で終わります。

 

ダウンタイムといって、一時的に腫れたりかさぶたになる状態はありますが、かさぶたが取れるときれいな肌に生まれかわっています。
1回受けただけではあまり効果がなく、何度か繰り返し受ける必要があります。

 

また、ターンオーバーのタイミングや、肌への負担を考え1ヶ月に1回などある程度期間を開けないと受けられません。
コラーゲンの生成も促されるため、ぷりぷりの肌になるのも嬉しいですね。

 

ニキビ跡は治らない、とあきらめていたあなた。
一度クリニックに相談してみてはいかがでしょうか?

 

聖心美容皮膚科
皮膚治療