フェイスラインにニキビができやすい理由

思春期ニキビと違って、一度できるとなかなか治らない大人ニキビ。
皮脂の詰まりでできるメカニズムは思春期ニキビと同じですが、大人ニキビが発生する場所はフェイスラインに集中するのが特徴。
大人ニキビはストレスや睡眠不足・食事などの生活習慣、ホルモンバランスなどが原因、と言われています。

 

思春期ニキビはTゾーンなど皮脂の分泌がさかんな部分にできやすいですよね。一方Uラインとも呼ばれるこめかみから頬、あごのフェイスラインにできるのは大人ニキビ特有です。
大人ニキビは肌の新陳代謝が落ち、古い角質が残ったままになって、それが毛穴を詰まらせニキビができてしまうのが原因です。

 

肌の新陳代謝が落ちると肌が乾燥し、カサカサしてしまいます。
「乾燥してるのにニキビができるのはなぜ?」と腑に落ちないかもしれません。
肌が乾燥するとますます角質が厚くなり、毛穴を詰まらせる原因にもなるんです。
また、ストレスや睡眠不足も大人ニキビの元凶。
ストレスを受けると血管が収縮し、肌まで栄養が行き渡らなくなります。
その結果乾燥を招いてしまう、というわけ。

 

ストレスや睡眠不足によって、ホルモンバランスも崩れやすくなります。
生理前になると必ずフェイスラインににニキビができる、ということはありませんか?
生理前はホルモンバランスが崩れ皮脂の分泌が一時的に増えます。
それが毛穴を詰まらせニキビを発生させる、というわけなんです。

 

生理が始まると自然に収まるので神経質になる必要はありません。
脂質の代謝を促すビタミンB2(納豆、チーズなど)を含む食品を取るようしましょう。

 

聖心美容外科では、ビタミンC誘導体、レーザー治療、光治療、イントラセル、ケミカルピーリングなど、様々な種類の治療法を用意しています。


ご自分の肌やニキビのタイプにはどの治療法が合うのか、まずは気軽に無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

↓凸凹のニキビ跡がこんなにきれいに!(症例写真あり)
皮膚治療