ニキビ跡 治療

シミが残る色素沈着タイプ

シミが残る色素沈着タイプ
ニキビ跡と一口にいっても、様々なタイプがあります。
シミが残る色素沈着タイプもそのうちの一つ。
シミの色によって原因や改善方法が異なります。

 

茶色いシミ

ニキビは白ニキビのまま治れば、跡が残ることもありません。
しかし、ニキビが化膿してしまうと肌に活性酸素が発生し、メラニンが過剰に作られてしまいます。
メラニンはそもそも、紫外線など外部刺激から肌を守るための、体の反応のひとつなんですよ。
できてしまったメラニンのシミには、美白系コスメがおススメです。
長期戦になりますが、ハイドロキノンやビタミンCなど、美白成分が配合されているスキンケアを導入してみましょう。

 

赤黒いシミ

ニキビが炎症を起こすと毛細血管が傷つき、内出血のような状態になります。
時間がたつと赤黒い色になります。
内出血は老廃物と共に外に流れ出ますが、肌のターンオーバーを促すなど両方からのアプローチをほどこすと改善も早いでしょう。

 

適度な洗顔と保湿、睡眠と食事にも気をつけながら肌が再生されるのを待ちましょう。
正常なターンオーバーなら、28日で肌は生まれ変わります。
また肌のターンオーバーを促すピーリングも効果的です。

 

肌の表面部分が剥がれ落ちない限り、新しい肌は生まれてこないので、ピーリングで新陳代謝を促進させましょう。

 

やり過ぎは禁物ですが、1〜2週間に1度のピーリングと、保湿と紫外線ケアを徹底し、生まれ変わった肌を手に入れてみては?
ドラッグストア等で買えるセルフピーリングなら、穏やかで初めての人でもおススメ。
本気のピーリングなら美容皮膚科でもケミカルピーリングを試してみてください。

 

聖心美容皮膚科
皮膚治療